植物

どうも、植物女子です。

今回は縁があってアボカドの種をゲットしたので、実際に育つかどうか調べてみました。

アボガドって大きくなった実の部分しかみたことがないので、どうなっていくのか楽しみですね……!

それではさっそくどうぞ〜!

アボカドを育てようと思った経緯

ある日、友達の家にあそびに行った時のことです。

ふとベランダを見てみると、そこにはプカーと浮かぶ一つの種……。

「え!?これなに?」

思わず聞いたところ、

「これ、アボガドの種を水栽培してるんだよ~」

とのこと。

ふむふむ、アボガドって水栽培で種から育てることができるんだ。

お友達に聞いてみたところ、そんな難しくもないとのことだったので、さっそく私も育ててみれるかなーと思って挑戦!

そもそも、アボカドって?

そんなアボガドさんですが、栄養価が高くヘルシーな食べ物として女子に人気です。

原産国は◯◯で、輸出量は◯◯が世界で◯番目だとか!

日本ではほとんど作られていなくて、スーパーで売られているものはほとんどが輸入品みたいです。

日本でブームになったのは、◯年に◯でとりあげられて、一躍有名になった印象があります。

栄養価が高いということで、◯~~~という成分もあって、森のバターと呼ばれています。

そうそう呼び方といてば、読み方も”アボガド”と思っていたら、”アボカド”らしいです!

有名なアボカド料理といえば

女子は大好き、サラダにアボカドが入っているアボカドサラダ!

アボカドに醤油をかけると、トロの味がするとか!?

私は結構好きです。

アボカドを実際に育ててみよう!

ではでは実際に育てた日記をご紹介する前に、アボカドの育て方について。

アボカドには、「水栽培」と「土栽培」の2種類があるようです。

水栽培と土栽培の違いは?

違いを~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アボカドの水栽培手順

  1. タネを洗う。
  2. タネを半分くらい水に浸けておく。
  3. 水を腐らせないように、こまめに変える。
  4. 葉っぱが出てきたら、土に植える

アボカドの土栽培手順

  1. タネを洗う。
  2. タネを土に埋める。
  3. 食べた日に蒔くのがオススメ。
  4. 乾燥に弱いので、土が乾かないようにする
  5. タネに傷が付いてても問題はない。
  6. とがった方を上にする。
  7. 発芽温度は20℃〜

基本的なアボカドの育て方

  • 水やりは表面が乾いたら、たっぷりあげる。
  • 種まき適期は5月〜7月。
  • 寒さには強いが、冬場は室内へ。
  • 適温は15℃〜
  • 大きさに合わせて鉢を大きくする。
  • 肥料は3月と9月に緩効性化成肥料を与える。

注意点

  • 根が弱いので、植え替えるときはなるべく根鉢を崩さないで行う。
  • 植え替えの適期は5月〜6月。
  • 葉が混まないように風通しをよくする。

実際に育てた栽培日記

水栽培で挑戦してみました!

3月28日
2個水につけてみる。
水がヌルヌルするのでこまめに変える。

 

6月16日

一個は根が出てきました
確率は2分の1です

12月5日

全長60センチになりました。

そろそろ鉢に植えた方が良さそう。

感想まとめ

思った以上に大きくなってびっくり!

でもこうやって生き物を育てるっていうのは楽しいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です